コールドジョイント

【意味】 打設時において、運搬が長時間中断したり、打込み順序が適切でないと重ねて打込んだコンクリートが一体化しない場合がある
     この境界線(継ぎ目)をいう。


【原因】 凝結がある程度進行しているコンクリートに新しいコンクリートを打ち継ぐと、コンクリートの一体化が阻害され施工不良が生じる。
     硬化後のコンクリートの品質に影響する要因として、型枠各部の清掃及び散水がある。型枠を取り外した後、コンクリート表面に
     思わぬ欠陥が生じる。また、型枠に十分な散水がされてないと、コンクリートの水分が型枠に吸収されコンクリート表面に硬化不良
     を起こすことがある。


【対処】コンクリートの打込みについて
   
  @自由落下高さは原則として1m以下(床スラブ)
   
  A原則として表面が水平になるように打込む。
   
  B2層目以上に打込む場合、下層のコンクリートが固まり始める前に上層を打込む。