ブリーディング

【意味】フレッシュコンクリート及びフレッシュモルタルにおいて、固体材料の沈降又は分離によって、
    練混ぜ水の一部が遊離して上昇する現象。

【対処】ブリーディング量を現象させる主な方法
  @ 
分離できる水の量を減らす。すなわち、単位水量を減らす。
   a:減水率の大きい混和剤を用いる。

   b:フライアッシュ等ワーカビリティー改善効果のある混和材を用いる。

  A 拘束される水量を増す。
   a:セメント粒子表面に拘束される水位量を増すには、比重面積のセメントを用いる。
     (結合材)比を小さくする。

   b:細骨材表面に拘束される水量を増すには粗流率
の小さい骨材を用いるか、または細骨材率を大きくする。
   c:混和剤表面に拘束される水量を増すには、比表面積の大きい混和材をできるだけ多く用いる。

   d:エントレインドエアの周囲は親水基で覆われていることから、その周囲に水が拘束される。
     そのため
AE剤によって空気を連行する。
   e:セメントや混和材等の粉体の分散を良好にすることにより、それらが拘束する水量を増す。
     すなわち十分にコンクリートの練混ぜを行う。

   f:水を多量に拘束する混和剤すなわち材料分離低減剤(増粘剤)や水中不分離性コンクリート用混和剤を用いる。


  Bブリーディング現象は、比重の大きな固体粒子(セメント、骨材等)が水の中を沈降し、
   現象としては上面に水が上昇する。
   そのため、ブリーディングを減ずるには、固まり始めるまでの時間を短くする。すなわち、凝結時間を短くする。

【備考】結合材 水と反応し、コンクリートの強度発現に寄与する物質を生成する物。
        セメント、高炉スラグ微粉末、フライアッシュなどを含めたもの。

    エントレインドエア AE剤又は空気連行作用がある混和剤を用いてコンクリート中に連行させた独立した微細な空気泡。